30歳転職|実際の利用者に人気の求人サイト口コミランキング

 当サイトへお越しいただき、ありがとうございます。

 30歳で転職を狙うあなたは、「キャリアアップしたい」、「収入を上げたい」、など野望もおありでしょう。しかしやみくもに転職活動をしても、大切な時間とお金を浪費させるだけです。

 賢く転職活動をするには、転職サイトの活用をおすすめします。「そんなに上手くいくはずない」と迷いも生じるでしょうが、「転職サイト利用者アンケート」には、はっきりと転職サイト利用するメリットが出ました。その他の有益な情報もたくさんご用意しましたので、あなたらしい転職活動を成功させて下さい。

アンケート調査の詳細結果について


リクルートエージェント[転職支援サービスならここ!]
詳細
★★★★
 リクルートエージェントは、業界大手の転職エージェントであるため企業とのパイプも太く、業界トップクラス企業からベンチャー企業まで幅広い求人を多数取り扱っています。また、その中の90%が非公開求人のため面接通過率も高くなるので、忙しい30歳が転職活動を行うためには非常に効率的に転職活動ができるため非常に頼りになるエージェントです
利用者の声
良かった
30歳の転職は、将来のキャリアを見越したものにしたかったので、業界最大手のリクルートエージェントを選んだ。キャリアアドバイザーとのカウンセリングの中で、キャリアの棚卸しと自分の希望条件の整理ができたので、紹介していただいた求人は、すべて納得できるものだった。アドバイス通りに応募書類を作成し、面接で自己アピールしたら、あっという間に内定できた。
良かった
在職中の転職活動だったので、仕事の合間やオフ時間に、パーソナルデスクトップで情報のやりとりができたのは、本当に助かりました。特に、おすすめの求人とともに届く「エージェントレポート」には、応募企業の選考基準や、すでに働いている方の生の声など、求人票だけではわからない情報が満載で、応募書類作成にとても役立ちました。
良かった
私はプレッシャーに弱いので、営業の仕事には向いていないと思い込んでいました。ですが、接客やひとの役に立つことが好きという気持ちが強いという話をキャリアアドバイザーの方にしたら、コールセンターでのセールスの仕事を紹介されたのです。最初は戸惑いましたが、思い切って転職した今、お客様に有益な情報をお届けし、それが成績につながる仕事は、自分の適職だったと明言できます。プロの判断に従って、本当によかったです。
普通
リクルートエージェントには、魅力的な非公開求人がとても多い。だが、30歳の若輩者では勤まらない求人も多く、若いことがマイナスに作用する仕事があることを初めて知った。

キャリアカーバー[ヘッドハンターと二人三脚]
詳細
★★★★
 キャリアカーバーは優良ヘッドハンターとともに転職活動を行うハイキャリア層向け転職サイトです。レジュメを登録することでスカウトをされることもあり、会員登録後は非公開求人にも応募できます。

マイナビエージェント[企業の詳細情報も調べる!]
詳細
★★★★★
 マイナビエージェントは利用者満足度96.4%と質に好評です。特にIT系・メーカー系への転職では67%以上の方が年収アップにつながっています。
利用者の声
良かった
他のエージェント担当者と比べ、マイナビエージェントの担当者はレスポンスが早く使えるという印象を持った。実際面接前に先方の担当者情報なども伝えてもらい焦点を合わせて挑むことができた。痒いところに手が届くサポートに感謝だ。
良かった
口コミを見て登録しました。最初にマイナビエージェントのホームページを見た時の感想は、30歳でも応募できる求人はまだまだあるんだなーと。担当者との面談は前の日から少し緊張してましたが面接の練習だと思ってテンション上げて臨みました。でも気さくな担当者だったので緊張もほぐれ良い感じで緩んだ会話ができました。
良かった
マイナビエージェントは転職サイトとして見るとそれほど目立った特徴は見当たらないが、個別で紹介される非公開の質が良く、私がこれまで利用したエージェントの中ではピカ一だった。また、全ての求人で書類選考合格することができた。この点が他のエージェントよりもマイナビエージェントを押す理由だ。
普通
可もなく不可もなく。取り立てて他との違いは感じませんでした。良くも悪くも普通と言った感じ。ただし、たまに他では見かけない求人が出てきたりするので一応チェックはしておいた方が良いと思います。面談した担当者も取り立てて印象に残りませんでした。
悪い
私の運が悪かったのか?担当者がイマイチでした。まあ頑張っているんだろうとは思いますがドン臭いというかあまり任せられないと思わせるタイプの人でした。友達から一番良いエージェントだと勧められて登録したんですけどね。

 企業の中でも中堅になりつうある30歳で転職を行う場合、いかに効率的に情報収集できるかが転職を成功させるカギになります。つまり、自分の希望条件にあう求人情報や企業業情報をできるだけ多く確保できるかによって、選択の幅が広がるか否かということになるからです。

 実際、現職で仕事をしながら自分希望条件にあう企業を調べることは大変ですが、そんなときには一人で頑張らずに転職のプロである転職サイトや転職エージェントに登録するとよいでしょう。そこには公には目にできないような求人も閲覧できるため自分一人で転職活動をするよりも効率的に転職活動ができます。

 当サイトでは、そんな忙しい30歳の方を対象に、効率的に転職活動ができるようにサポートできる情報を提供していますので是非利用してくださいね。


30歳で転職を考えている方におすすめ特集


 病気で休職している男女で、「転職したい」と言う人は決して少なくありません。しかし休職中に転職活動をするのはあまり得策とは言えません。なぜなら本人の気持ちに余裕がないために、どんな求人情報を読んでも、“今の会社よりよっぽどまし…”という気持ちに傾いてしまいます。

 

 自分が弱いときって現状から“逃げ出したい”という気持ちが強くなるのです。その結果、自己分析や企業研究が不十分なままで転職活動に踏み切り、内定をもらった会社に飛び込んでしまって失敗…にならないように注意しましょう。

 

退職証明書は忘れがちな書類

 

 30歳での転職なら退職自体が初めての経験かも知れません。一般知識として、退職するとハローワークに離職票を持って行き、求職の申し込みと失業給付の手続きをすることは誰でも知っていますね。ところが、転職先が決まって入社の必要書類の中に退職証明書とあるのを見付けてあわてる人がいます。退職の証明書とはなんでしょうか。

 

続きを読む≫ 2016/01/15 14:02:15 退社・入社

キャリア採用でも試用期間を設ける理由

 

 新卒での就職で試用期間を設けることに対して、疑問を抱くひとは少ないと思いますが、キャリアと実績をかって入社させた中途採用者い対し、同様の期間を設けることに、疑問をもつ30歳の転職者もいることでしょう。

 

続きを読む≫ 2015/10/01 14:10:01 退社・入社

転職が理由の退職でも有給消化は可能!

 

 30歳で転職のために退職をするとき、たまった有給を消化しようと思う社員は少なくありません。有給休暇は労働基準法第39条で保証されている権利であり、退職時までの出勤率が80%を超えていれば、会社はその申請を拒否することはできないのです。

 

続きを読む≫ 2015/09/29 14:41:29 退社・入社

お礼状を出すかどうか迷った時の選択は?

 

 応募するところから面接が始まっていると考えるのであれば、面接の終わりは「お礼状を出す」ことなのではないでしょうか。

 

 このお礼状の存在はもちろん、出すものであろうことを知ってはいても、実際に面接を受けた後には出すべきかどうか迷うものですよね。

 

続きを読む≫ 2015/08/27 11:31:27 面接

 退職を決意するまでには、“今の会社に残る、頑張る”という選択肢を含めて、自分と家族で相談をして、じっくり考えるべきでしょう。今の会社では本当に自分のやりたい仕事はできないのかどうか?!よくよく考えてみる必要があります。

 

 どうしても今後、自分の成長が見込めないということなら退職を決意しましょう。転職先が内定してから、会社は後任が見つからない・・・などの理由で、なんとかしてあなたを引き止めようとするかもしれません。

 

 

続きを読む≫ 2015/07/14 13:46:14 退社・入社

初出社日の注意点

 初出社日は、指定された時間の5分前には会社に到着するのが礼儀です。会社で紹介される前ですが、社内ですれ違うひとには、必ず「おはようございます」という挨拶や会釈を欠かさないようにしましょう。

 

続きを読む≫ 2014/12/24 16:24:24 退社・入社

財形貯蓄の手続きについて

 勤務先で非課税の「住宅財形貯蓄」と「年金財形貯蓄」を積み立てている場合、退社するにあたって、手続きが必要になります。転職先にも財形貯蓄制度がある場合は、入社後に異動の手続きを行うことで、継続できます。

 

 

 

続きを読む≫ 2014/12/24 16:23:24 退社・入社

円満退職が大事な理由

 30歳にもなれば、自分の裁量で、与えられたミッションをやり遂げるスキルやノウハウが十分に身に付いていることでしょう。企業にとっては、働き盛りの30歳は貴重な戦力です。その人材を失うことを、快く思うことはありません。

 

続きを読む≫ 2014/12/24 16:19:24 退社・入社

面接前日には応募書類に目を通す

 キャリアアップ転職を目指す30歳なら、応募企業ごとに送付書類を作成し、その控えもきちんと持っているはずです。面接の前日には、応募書類に目を通し、志望動機と応募職種に対応する職歴に何を書いたかを、再確認しておきます。

 

続きを読む≫ 2014/12/24 16:13:24 面接

トップページ 30歳転職の流れ お勧め転職サイト